クレジットカード換金は法律違反?

クレジットカード換金と闇金の関係
Home » 闇金との関係 » クレジットカード換金は法律違反?
闇金との関係 | 04月09日更新

クレジットカード換金は法律違反?

闇金は正規の貸金業者ではなく、法律違反となるビジネスとなりますが、クレジットカード換金はどうなのでしょうか?
これをやっているのがもし同じような業者なら、このビジネス自体も法律違反となりそうですよね。
これについてはやや微妙なところなのですが、現時点でこのビジネス自体が明確に法律違反となり、すべての業者が取り締まりの対象になっているわけではありません。
また、これを行っている業者は、闇金とは関係ない会社になることも多いですから、これらサービスが明確に法律違反とはならないのが現状です。

とはいえ、このサービスを通して手に入る現金は、本来なら現金にできないはずのショッピング枠のものです。
キャッシング枠なら誰でも簡単に現金を手にできますが、ショッピング枠となるとこれら業者のサービスを通さないと、なかなか現金化できません。
これが本当に法律違反にならないのか、不安もありますよね。

現時点でクレジットカードのショッピング枠を、業者のサービスを通すなどして現金化してはならないという法律はありません。
それを禁止する法律がないため、このサービスを通して現金化しても違法とまではいえないのです。
カード会社の規約ではこれが禁止されていることがありますが、この規約はあくまでそのカード会社のサービスを使う中での決まり事で、法令とはまた違うものです。
これに違反するとそのカードの使用を続けるのが難しくはなりますが、これが法律違反になるわけではありません。

このようなことから、クレジットカード換金のすべてが違法とまではされていないのです。
あとはこれを行っている業者がどこまで健全に行っているかとなりますが、違法な対応はなるべく行わず、健全に事業として換金ビジネスを行っている業者はいます。
そのような業者を使えば、法律違反となり、トラブルに巻き込まれるリスクも少なくなりますよ。

このようにクレジットカード換金が法律違反になるのか、これは現時点では運営している業者が優良業者なら、違法とまではされないことも多いです。
ただしいろいろな業者がおり、中には闇金に近い業者もいますから、そのような業者を避けると、法律に触れるといったトラブルも起こりにくくなります。

top